屋台的映画館 別館

日本映画紹介ブログの別館です。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.07.10 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2008.06.25 Wednesday

第25回 ヨコハマ映画祭

<2003(平成15)年度> 平成16年2月1日開催

●日本映画ベストテン
第1位 ヴァイブレータ(廣木隆一)
第2位 刑務所の中(崔洋一)
第3位 座頭市(北野武)
第4位 赤目四十八滝心中未遂(荒戸源次郎)
第5位 六月の蛇(塚本晋也)
第6位 ぼくんち(阪本順治)
第7位 阿修羅のごとく(森田芳光)
第8位 さよなら、クロ(松岡錠司)
第9位 ロボコン(古厩智之)
第10位 蛇イチゴ(西川美和)
次点 ホテル・ハイビスカス(中江裕司)

●日本映画個人賞
★作品賞:『ヴァイブレータ』 2003年 廣木隆一 ヴァイブレータ製作委員会(シー・アイ・エー/ハピネット・ピクチャーズ/日本出版販売/シネカノン/衛星劇場)

★監督賞:廣木隆一「ヴァイブレータ」

★新人監督賞:西川美和「蛇イチゴ」

★脚本賞:荒井晴彦「ヴァイブレータ」

★技術賞(撮影):笠松則通「赤目四十八瀧心中未遂/ぼくんち/さよなら、クロ」

★技術賞(美術):「蒸発旅日記」

★主演男優賞:妻夫木聡「さよなら、クロ/ドラゴンヘッド」

★主演女優賞:寺島しのぶ「ヴァイブレータ/赤目四十八瀧心中未遂」

★助演男優賞:大森南朋「ヴァイブレータ/赤目四十八瀧心中未遂」

★助演女優賞:余貴美子「ホテル・ハイビスカス/さよなら、クロ/偶然にも最悪の少年」

★最優秀新人賞:宮迫博之「蛇イチゴ/13階段」

★最優秀新人賞:石原さとみ「わたしのグランパ」

★最優秀新人賞:長澤まさみ「ロボコン/阿修羅のごとく」

★特別大賞:恩地日出夫…数々の秀作傑作を送り出し、今年また「蕨野行」で新鮮なショックを映画ファンに与えた名匠に敬愛の念を込めて

2008.06.24 Tuesday

第24回 ヨコハマ映画祭

<2002(平成14)年度> 平成15年2月2日開催

●日本映画ベストテン
第1位 ハッシュ!(橋口亮輔)
第2位 OUT(平山秀幸)
第3位 たそがれ清兵衛(山田洋次)
第4位 KT(阪本順治)
第5位 とらばいゆ(大谷健太郎)
第6位 ごめん(冨樫森)
第7位 笑う蛙(平山秀幸)
第8位 ピンポン(曽利文彦)
第9位 害虫(塩田明彦)
第10位 光の雨(高橋伴明)
次点 殺し屋1(三池崇史)

●日本映画個人賞
★作品賞:『ハッシュ!』 2002年 橋口亮輔 シグロ

★監督賞:平山秀幸「OUT/笑う蛙」

★監督賞:橋口亮輔「ハッシュ!」

★新人監督賞:曽利文彦「ピンポン」

★脚本賞:大谷健太郎「とらばいゆ」

★撮影賞:柴崎幸三「OUT/笑う蛙」

★主演男優賞:長塚京三「笑う蛙」

★主演男優賞:田辺誠一「ハッシュ!」

★主演女優賞:瀬戸朝香「とらばいゆ」

★助演男優賞:塚本晋也「とらばいゆ/殺し屋1/クロエ」

★助演女優賞:大塚寧々「笑う蛙/うつつ」

★最優秀新人賞:市川実日子「とらばいゆ」

★最優秀新人賞:久野雅弘「ごめん」

★最優秀新人賞:櫻谷由貴花「ごめん」

2008.06.23 Monday

第23回 ヨコハマ映画祭

<2001(平成13)年度> 平成14年2月3日開催

●日本映画ベストテン
第1位 GO(行定勲)
第2位 ウォーターボーイズ(矢口史靖)
第3位 バトル・ロワイヤル(深作欣二)
第4位 千と千尋の神隠し(宮崎駿)
第5位 リリィ・シュシュのすべて(岩井俊二)
第6位 風花(相米慎二)
第7位 EUREKA(青山真治)
第8位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(原恵一)
第9位 連弾(竹中直人)
第10位 ココニイルコト(長澤雅彦)
第10位 非・バランス(冨樫森)
次点 ターン(平山秀幸)

●日本映画個人賞
★作品賞:『GO』 2001年 行定勲 「GO」製作委員会/東映=STARMAX=テレビ東京=東映ビデオ=TOKYO FM

★監督賞:行定勲「GO/贅沢な骨」

★新人監督賞:長澤雅彦「ココニイルコト」

★新人監督賞:冨樫森「非・バランス」

★脚本賞:宮藤官九郎「GO」

★撮影賞:栢野直樹「陰陽師」

★主演男優賞:窪塚洋介「GO/溺れる魚」

★主演女優賞:天海祐希「連弾/狗神」

★助演男優賞:山崎努「GO/天国から来た男たち/Go!/女学生の友」

★助演女優賞:柴咲コウ「GO/バトル・ロワイヤル」

★最優秀新人賞:真中瞳「ココニイルコト」

★最優秀新人賞:派谷恵美「非・バランス」

★最優秀新人賞:細山田隆人「GO/リリィ・シュシュのすべて」

★審査員特別賞:相米慎二…常に刺激的な作品を送り続けながら53歳の若さで逝ってしまった鬼才に、映画ファンより哀悼をこめて

2008.06.22 Sunday

第22回 ヨコハマ映画祭

<2000(平成12)年度> 平成13年2月4日開催

●日本映画ベストテン
第1位 顔(阪本順治)
第2位 ナビィの恋(中江裕司)
第3位 はつ恋(篠原哲雄)
第4位 御法度(大島渚)
第5位 独立少年合唱団(緒方明)
第6位 漂流街(三池崇史)
第7位 スリ(黒木和雄)
第8位 カリスマ(黒沢清)
第9位 NAGISA なぎさ(小沼勝)
第10位 十五才 学校IV(山田洋次)
次点 雨あがる(小泉堯史)

●日本映画個人賞
★作品賞:『顔』 2000年 阪本順治 松竹=衛星劇場=毎日放送=セディックインターナショナル=KИHO

★監督賞:阪本順治「顔」

★新人監督賞:緒方明「独立少年合唱団」

★脚本賞:阪本順治「顔」

★脚本賞:宇野イサム「顔」

★撮影賞:猪本雅三「独立少年合唱団」

★主演男優賞:浅野忠信「地雷を踏んだらサヨウナラ/五条霊戦記 GOJOE」

★主演女優賞:藤山直美「顔」

★助演男優賞:香川照之「独立少年合唱団/スリ」

★助演男優賞:村上淳「ナビィの恋/不貞の季節/新・仁義なき戦い。」

★助演女優賞:西田尚美「ナビィの恋」

★最優秀新人賞:松田龍平「御法度」

★最優秀新人賞:真野きりな「スリ/バレット・バレエ」

★最優秀新人賞:藤間宇宙「独立少年合唱団」

★特別大賞:小沼勝…映画界に再び新しい爽やかな風を送り込んでくれた名匠の復活に映画ファンより心から敬愛の念をこめて

★審査員特別賞:椎井友紀子…阪本順治映画を次々と世に送り出し、遂に「顔」で頂点を極めた功績に対して

2008.06.21 Saturday

第21回 ヨコハマ映画祭

<1999(平成11)年度> 平成12年2月6日開催

●日本映画ベストテン
第1位 〈39〉刑法第三十九条(森田芳光)
第2位 金融腐蝕列島〔呪縛〕(原田眞人)
第3位 のど自慢(井筒和幸)
第4位 月光の囁き(塩田明彦)
第5位 菊次郎の夏(北野武)
第6位 大阪物語(市川準)
第7位 黒い家(森田芳光)
第8位 あ、春(相米慎二)
第9位 avec mon mari(大谷健太郎)
第10位 アドレナリンドライブ(矢口史靖)
次点 秘密(滝田洋二郎)

●日本映画個人賞
★作品賞:『〈39〉刑法第三十九条』 1999年 森田芳光 光和インターナショナル=松竹

★監督賞:森田芳光「〈39〉刑法第三十九条」

★新人監督賞:塩田明彦「月光の囁き/どこまでもいこう」

★新人監督賞:大谷健太郎「avec mon mari」

★脚本賞:大森寿美男「〈39〉刑法第三十九条」

★撮影賞:北信康「黒い家」

★主演男優賞:高倉健「鉄道員」

★主演女優賞:大竹しのぶ「黒い家」

★助演男優賞:北村一輝「皆月/共犯者/完全なる飼育」

★助演女優賞:吉本多香美「皆月」

★最優秀新人賞:池脇千鶴「大阪物語」

★最優秀新人賞:板谷由夏「avec mon mari」

★最優秀新人賞:つぐみ「月光の囁き」

★審査員特別賞:富司純子…映画界に再び新しい風を送り込んでくれた大女優に、映画ファンより心からの敬愛の念をこめて

▲top