屋台的映画館 別館

日本映画紹介ブログの別館です。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.07.10 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2007.08.19 Sunday

第16回 日本映画プロフェッショナル大賞

第16回 日本映画プロフェッショナル大賞個人賞<2006(平成18)年度>

★作品賞:『ヨコハマメリー』 2006年 中村高寛 「人人フィルム」

★監督賞:西川美和(ゆれる)

★主演女優賞:中谷美紀(嫌われ松子の一生/LOFT ロフト)

★主演男優賞:豊川悦司(やわらかい生活/LOFT ロフト/フラガール)

★新人監督賞:中村高寛(ヨコハマメリー)

★特別賞:廣木隆一(やわらかい生活/恋する日曜日)

★特別賞:実相寺昭雄(遺作「シルバー仮面」と長年の功績に対して)

★話題賞:桃井かおり(監督デビュー作での奮闘ぶりに対して)


第16回 日本映画プロフェッショナル大賞ベスト10
★第1位 『ヨコハマメリー』 2006年 中村高寛 人人フィルム
○第2位 『ゆれる』 2006年 西川美和 「ゆれる」製作委員会
○第3位 『やわらかい生活』 2006年 井筒和幸 「やわらかい生活」製作委員会
○第4位 『かもめ食堂』 2006年 荻上直子 日本テレビ=バップ=幻冬舎=シャシャ・コーポレイション=パラダイス・カフェ=メディア・スーツ
○第5位 『ストロベリーショートケイクス』 2006年 矢崎仁司 ストロベリーショートケイクス・パートナーズ
○第6位 『嫌われ松子の一生』 2006年 中島哲也 「嫌われ松子の一生」製作委員会
○第7位 『カミュなんて知らない』 2006年 柳町光男 「カミュなんて知らない」製作委員会
○第8位 『LOFT ロフト』 2005年 黒沢清 「LOFT」製作委員会
○第9位 『紀子の食卓』 2006年 園子温 マザーアーク
○第10位 『間宮兄弟』 2006年 森田芳光 「間宮兄弟」製作委員会


●選考委員(五十音順)
・相田冬二(ライター)
・アルタミラピクチャーズ(スタッフ一同)
・磯島治之(雑誌編集)
・市井義久(宣伝プロデューサー)
・上野昂志(評論家)
・臼井一郎(V☆パラダイス番組担当者)
・大高宏雄(日プロ大賞実行委員長)
・荻野洋一(演出、映画評論、横浜国立大学講師)
・桂千穂(脚本家、評論家)
・小張アキコ(映画評論家)
・佐藤佐吉(監督・脚本家・俳優)
・高崎俊夫(編集者)
・谷岡雅樹(Vシネライター)
・中川好久(映画プロデューサー)
・中村勝則(映画評論家)
・西田宣善(太秦(株)プロデューサー/(有)オムロ代表)
・樋口尚文(映画評論家・電通クリエイティブ・ディレクター)
・堀口慎(東宝映画・プロデューサー)
・三原繁美(編集・執筆者)

日本映画プロフェッショナル大賞

2007.01.21 Sunday

第15回 日本映画プロフェッショナル大賞

第15回 日本映画プロフェッショナル大賞個人賞<2005(平成17)年度>

★作品賞:『いつか読書する日』 2005年 緒方明 パラダイス・カフェ=パグポイント・ジャパン

★監督賞:山下敦弘(リンダリンダリンダ)

★主演女優賞:田中裕子(いつか読書する日/火火)

★主演女優賞:小泉今日子(空中庭園)

★主演男優賞:オダギリジョー(メゾン・ド・ヒミコ/スクラップ・ヘブン)

★主演男優賞:西島秀俊(帰郷/さよならみどりちゃん/雨よりせつなく)

★新人監督賞:大森立嗣(ゲルマニウムの夜)

★新人監督賞:内田けんじ(運命じゃない人)


第15回 日本映画プロフェッショナル大賞ベスト10
★第1位 『いつか読書する日』 2005年 緒方明 パラダイス・カフェ=パグポイント・ジャパン
○第2位 『リンダリンダリンダ』 2005年 山下敦弘 「リンダ リンダ リンダ」パートナーズ
○第3位 『パッチギ!』 2005年 井筒和幸 「パッチギ!」製作委員会
○第4位 『空中庭園』 2005年 豊田利晃 「空中庭園」製作委員会
○第5位 『運命じゃない人』 2005年 内田けんじ PPFパートナーズ
○第6位 『カーテンコール』 2005年 佐々部清 「カーテンコール」製作委員会
○第7位 『ゲルマニウムの夜』 2005年 大森立嗣 荒戸映画事務所
○第8位 『レイクサイド マーダーケース』 2004年 青山真治 フジテレビジョン
○第9位 『メゾン・ド・ヒミコ』 2005年 犬童一心 「メゾン・ド・ヒミコ」製作委員会
○第10位 『カナリア』 2004年 塩田明彦 「カナリア」製作委員会


●選考委員(五十音順)
・相田冬二(ライター)
・磯島治之(雑誌編集)
・市井義久(宣伝プロデューサー)
・上野昂志(評論家)
・臼井一郎(V☆パラダイス番組担当者)
・大高宏雄(日プロ大賞実行委員長)
・桂千穂(脚本家、批評家)
・佐藤佐吉(監督・脚本家・俳優)
・高崎俊夫(編集者)
・谷岡雅樹(Vシネアスト)
・中川好久(映画プロデューサー)
・中村勝則(映画ライター)
・樋口尚文(映画評論家・電通クリエイティブ・ディレクター)
・堀口慎(東宝映画・プロデューサー)
・桝井省志(アルタミラピクチャーズ・代表)
・三原繁美(ジャーナリスト)
・森本英利(ぴあ・PFF事務局チーフプロデューサー)

日本映画プロフェッショナル大賞

2007.01.20 Saturday

第14回 日本映画プロフェッショナル大賞

第14回 日本映画プロフェッショナル大賞個人賞<2004(平成16)年度>

★作品賞:『下妻物語』 2004年 中島哲也 「下妻物語」製作委員会

★監督賞:高橋洋(ソドムの市)

★監督賞:中島哲也(下妻物語)

★主演女優賞:蒼井優(花とアリス)

★主演男優賞:加瀬亮(アンテナ)

★新人監督賞:成島出(油断大敵)


第14回 日本映画プロフェッショナル大賞ベスト10
★第1位 『下妻物語』 2004年 中島哲也 「下妻物語」製作委員会
○第2位 『リアリズムの宿』 2004年 山下敦弘 ぱる出版=ビターズ・エンド
○第3位 『スウィングガールズ』 2004年 矢口史靖 フジテレビ=アルタミラピクチャーズ=東宝=電通
○第4位 『ソドムの市』 2004年 高橋洋 アトエンタテインメント=アドネス=ジャパン ケーブルキャスト=カルチャ・パルリッシャーズ=パノラマ・コミュニケーションズ=ユーロスペース
○第5位 『油断大敵』 2004年 成島出 「油断大敵」製作委員会
○第6位 『誰も知らない』 2004年 是枝裕和 「誰も知らない」製作委員会
○第7位 『犬猫』 2004年 井口奈己 「犬猫」製作委員会
○第8位 『恋する幼虫』 2004年 井口昇 イメージリングス=のぼるプロ
○第9位 『タカダワタル的』 2004年 タナダユキ アルタミラピクチャーズ
○第10位 『東京原発』 2004年 山川元 「東京原発」フィルムパートナーズ


●選考委員(五十音順)
・相田冬二(ライター)
・磯島治之(雑誌編集)
・市井義久(宣伝プロデューサー)
・臼井一郎(V☆パラダイス番組担当者)
・大高宏雄(日プロ大賞実行委員長)
・大槻貴史(トリウッド代表、ポレポレ東中野支配人)
・荻野洋一(映像演出、評論)
・桂千穂(脚本家、批評家)
・高崎俊夫(編集者)
・谷岡雅樹(Vシネマライター)
・堀口慎(東宝映画・プロデューサー)
・桝井省志(アルタミラピクチャーズ・代表)
・森本英利(ぴあ・PFF事務局チーフプロデューサー)

日本映画プロフェッショナル大賞

2007.01.20 Saturday

第13回 日本映画プロフェッショナル大賞

第13回 日本映画プロフェッショナル大賞個人賞<2003(平成15)年度>

★作品賞:『アカルイミライ』 2003年 黒沢清 アップリンク=デジタルサイト=クロックワークス=読売テレビ放送

★監督賞:黒沢清(アカルイミライ/ドッペルゲンガー)

★主演女優賞:池脇千鶴(ジョゼと虎と魚たち)

★主演女優賞:寺島しのぶ(ヴァイブレータ/赤目四十八瀧心中未遂)

★主演男優賞:オダギリジョー(アカルイミライ)

★主演男優賞:藤竜也(アカルイミライ/許されざる者)

★新人監督賞:西川美和(蛇イチゴ)


第13回 日本映画プロフェッショナル大賞ベスト10
★第1位 『アカルイミライ』 2003年 黒沢清 アップリンク=デジタルサイト=クロックワークス=読売テレビ放送
○第2位 『ヴァイブレータ』 2003年 廣木隆一 ヴァイブレータ製作委員会
○第3位 『ジョゼと虎と魚たち』 2003年 犬童一心 「ジョゼと虎と魚たち」フィルムパートナーズ
○第4位 『ばかのハコ船』 2003年 山下敦弘 真夜中の子供シアター・プラネット+1
○第5位 『さよなら、クロ』 2003年 松岡錠司 シネカノン=電通=衛星劇場=ハピネット・ピクチャーズ=アーティストハウス
○第6位 『赤目四十八瀧心中未遂』 2003年 荒戸源次郎 赤目製作所
○第7位 『六月の蛇』 2003年 塚本晋也 海獣シアター
○第8位 『鏡の女たち』 2003年 吉田喜重 グルーヴコーポレーション=現代映画社=ルートピクチャーズ=グルーヴキネマ東京
○第9位 『美しい夏キリシマ』 2002年 黒木和雄 ランブルフィッシュ
○第9位 『ナイン・ソウルズ』 2003年 豊田利晃 「ナイン・ソウルズ」製作委員会
○次点 『ドッペルゲンガー』 2003年 黒沢清 「ドッペルゲンガー」製作委員会


●選考委員(五十音順)
・阿部嘉昭(批評家)
・上野昂志(評論家)
・臼井一郎(V☆パラダイス番組担当者)
・荻野洋一(映像演出・評論)
・片岡真由美(ライター&編集者)
・桂千穂(脚本家)
・佐藤佐吉(脚本家)
・杉本千春(プレミア日本版エディター)
・谷岡雅樹(Vシネマライター)
・樋口尚文(映画評論家・電通CMプランナー)
・細谷隆広(アルゴピクチャーズ・プロデューサー)
・堀口慎(東宝映画・プロデューサー)
・桝井省志(アルタミラピクチャーズ・代表)
・森本英利(ぴあ・PFF事務局プロデューサー)
・李鳳宇(シネカノン・代表)

日本映画プロフェッショナル大賞

2007.01.19 Friday

第12回 日本映画プロフェッショナル大賞

第12回 日本映画プロフェッショナル大賞個人賞<2002(平成14)年度>

★作品賞:『害虫』 2002年 塩田明彦 日活=TBS=ソニーPCL

★監督賞:塩田明彦(害虫)

★監督賞:万田邦敏(UN loved)

★主演女優賞:森口瑤子(UN loved)

★主演男優賞:岸谷五朗(新・仁義の墓場)

★新人監督賞:井口奈己(犬猫)


第12回 日本映画プロフェッショナル大賞ベスト10
★第1位 『害虫』 2002年 塩田明彦 日活=TBS=ソニーPCL
○第2位 『KT』 2002年 阪本順治 「KT」製作委員会
○第3位 『青い春』 2002年 豊田利晃 「青い春」製作委員会
○第4位 『ごめん』 2002年 富樫森 「ごめん」製作事業委員会
○第5位 『新・仁義の墓場』 2002年 三池崇史 大映=東映ビデオ
○第6位 『UN loved』 2002年 万田邦敏 WOWOW=バンダイビジュアル
○第7位 『刑務所の中』 2002年 崔洋一 ビーワイルド=衛星劇場
○第8位 『AIKI』 2002年 天願大介 日活=バップ=衛星劇場=広美=IMAGICA=レントラックジャパン=カプリースブリッジ
○第9位 『夜を賭けて』 2002年 金守珍 「夜を賭けて」製作委員会
○第10位 『笑う蛙』 2002年 平山秀幸 バップ=衛星劇場=ジャパンホームビデオ=博報堂=ワコー=オフィス・シロウズ
○第10位 『自殺サークル』 2002年 園子温 オメガ・プロジェクト=ビッグビート=フューズ=フォーピース


●選考委員(五十音順)
・浅見祥子(映画ライター)
・阿部嘉昭(批評家)
・上野昂志(評論家)
・臼井一郎(V☆パラダイス番組担当者)
・大高宏雄(日プロ大賞実行委員長)
・荻野洋一(映像演出・評論)
・片岡真由美(ライター&編集者)
・桂千穂(脚本家)
・切通理作(文筆家)
・斉藤ひろし(脚本家)
・佐藤佐吉(脚本・俳優)
・佐藤正樹(テアトルタイムズスクエア支配人)
・高橋洋(脚本家)
・谷岡雅樹(Vシネマライター)
・細谷隆広(アルゴピクチャーズ・プロデューサー)
・堀口慎(東宝映画・プロデューサー)
・桝井省志(アルタミラピクチャーズ・プロデューサー)
・李鳳宇(シネカノン・代表)

日本映画プロフェッショナル大賞

▲top