屋台的映画館 別館

日本映画紹介ブログの別館です。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 第9回 ゆふいん文化・記録映画祭 | TOP | 第11回 ゆふいん文化・記録映画祭 >>

2016.07.10 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2014.07.10 Thursday

第10回 ゆふいん文化・記録映画祭

第10回 ゆふいん文化・記録映画祭 「ココ」に集い、「ココ」に生きる。
2007年5月25日(金)〜5月27日(日)
会場/大分県湯布院町中央公民館

★5月25日(金)前夜祭
●プログラムA テーマ「アート」 19:00〜19:40 
 『99 〜ninty-nine〜 東勝吉・99歳孤高の無名画家』 2007年 40分 大谷隆広

○花の顔見世懇親会 20:00〜
 会場/乙丸公民館劇場


★5月26日(土)
●プログラムB テーマ「子ども」 10:00〜11:10 
 『ボクラの島を忘れない』 2005年 61分 多田亜佐美 ASAMIプロ

●プログラムC テーマ「安全・安心」 12:00〜14:00
 『六ヶ所村ラプソディー』 2006年 119分 鎌仲ひとみ グループ現代

○トーク 14:00〜14:40
 土本典昭(映画監督) 菊川慶子(「六ヶ所村ラプソディー」出演)

●プログラムD テーマ「炭坑と人間/歴史と社会」 15:00〜17:00
 『炭坑美人 〜闇を灯す女たち』 2002年 60分 渡辺耕史 RKB毎日放送
 『炭坑』 1947年 33分 伊東寿恵男=柳澤寿男 日本映画社
 『せんぷりせんじが笑った!』(幻灯上映・弁士つき) 27分 日本炭鉱労働組合=日本幻灯文化社/原作:上野英信 弁士:青木美香
 
○トーク 17:00〜17:40
 本橋成一(写真家・映画監督) 上野朱(作家)

●プログラムE テーマ「農と暮らし」 18:30〜20:20
 『タイマグラばあちゃん』 2004年 110分 澄川嘉彦 ハヤチネプロダクション=映像プロ=杜の風

○トーク 20:20〜21:00
 澄川嘉彦(映画監督)

○花の盛りの懇親会 21:15〜
 会場/乙丸公民館劇場
 

★5月27日(日) 松川八洲雄追悼特集
●プログラムF ようこそ松川八洲雄劇場へ 10:00〜11:35
 『熊野古道』 2006年 15分 松川八洲雄 英映画社
 『一粒の麦』 1962年 28分 松川八洲雄 日本産業映画センター
 『土くれ』 1972年 17分 松川八洲雄 隆映社
 『仕事=重サ×距離』 1971年 30分 松川八洲雄 リクルートセンター

●プログラムG 映像で語る、コトバで撮る 13:00〜14:20
 『ふるさとからくり風土記 八女福島の灯籠人形』 1987年 31分 松川八洲雄 英映画
 『ムカシが来た 横浜市長屋門公園 古民家復元の記録』 1994年 45分 松川八洲雄 農村都市計画研究所

●プログラムH 歴史とは、戦争とは、平和とは 14:40〜16:00
 『ヒロシマ・原爆の記録』 1970年 30分 松川八洲雄 日本映画新社
 『中江兆民 一粒の民主の種子を』 2003年 49分 松川八洲雄 紀伊国屋書店=ポルケ

●プログラムI  今は昔、昔は今 16:30〜18:20
 『今は昔、志のとおきな』 1968年 45分 松川八洲雄 東海テレビ
 『オオシカの村』 1993年 59分 松川八洲雄 東海テレビ

○松川八洲雄監督 追悼シンポジウム 18:30〜20:00
 まつかわゆま(シネマアナリスト) 日向寺太郎(映画監督) 土本典昭(映画監督)

○花のお名残会 20:15〜
 会場/乙丸公民館劇場


ゲスト
・鎌仲ひとみ…「六ヶ所村ラプソディー」監督
・菊川慶子…「六ヶ所村ラプソディ」出演/農家
・本橋成一…写真家/映画監督
・上野朱…作家/古書店主
・澄川嘉彦…「タイマグラばあちゃん」 監督
・まつかわゆま…シネマアナリスト
・日向寺太郎…映画監督
・土本典昭…映画監督
・内海穂高…プロデューサー
・野村正昭…映画評論家


屋台的映画館

2016.07.10 Sunday

スポンサーサイト


00:00 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://lovetri2.jugem.jp/trackback/527

トラックバック

▲top